ベトベトしないビニールテープ?自己融着テープが使える!

2019年1月22日

ビニールテープはベタベタするのが悩み

みなさんビニールテープは使いますか?

ホームセンターをはじめ、コンビニや100円ショップにも必ずビニールテープは置いてあるのでだいたいどのご家庭にもあるかと思います。

私はコードをまとめたりする時によく使いますが、しばらくするとベタベタしますよね!

あれなんとかならないかなぁとずっと思ってたんです。

それでネットで検索などしていい方法を探してたのですがとうとう見つけました!

自己融着テープです!

寺岡製作所さんのタイタックテープという製品です。

近所のホームセンターにはこれしか取扱いがなかったので迷うことなく買いました。

ちなみに税別429円でした。

寺岡製作所 自己融着性絶縁 タイタックテープ No.420 厚さ0.5mmX幅20mmX長さ10m

価格:343円
(2019/7/17 08:58時点)
感想(0件)

自己融着テープとは

見た目は大きめなビニールテープのような感じです。

しかしテープを出してみても裏面がベタベタしません。

ビニールテープはテープの裏に粘着剤が塗布されてまして、この粘着剤が時間が経つとベタベタしてしまうわけですね。

そして自己融着テープはプチルゴムという石油から作られる合成ゴムを利用し、このゴムはテープ同士がくっつきあう性質を持っています。

だからベタベタしないんです!

自己融着テープの使い方

テープ同士がくっつく性質を利用しますので、グーッと引っ張って巻きつけるようにします。

そうするとテープの表と裏がくっつくわけです。

じゃあ、どうして販売時のグルグルされた状態でくっついてないんだ!って疑問に思ったのですが、テープの裏面に薄い被膜が塗布されていて、テープを引っ張った際にその被膜が破けてプチルゴムが出てくるという仕組みだそうです。

自己融着テープのメリット

上記のように粘着剤を使用しないので、耐水性、耐熱性に優れ、電気絶縁性が高いのが特徴です。

なので室内はもちろん、屋外のパイプの補修などにも最適ですね。

あとやっぱりベタベタしない!

自己融着テープのデメリット

自己融着テープは必ずテープ同士がくっつく状態でないと使えません。

なので、ダンボールをガムテープで梱包する時のように平面に対して使用したり、物と物を貼り合わせたりというシーンでは使えません。

要するにグルグル巻きにできるもの専用ということですね。

それと、テープを剥がしてもう一回貼り直すということはできませんので一発勝負です!

あと、ホームセンターには黒色しかありませんでした。

ビニールテープのように、赤、白、黄色などと揃っていないので色で使い分けるような使い方はできないかなと思います。

自己融着テープを実際に使ってみた!

さっそく自宅の中にあるもので自己融着テープを使ってみました。

まずはこちら。

Macの電源アダプター。4年も使ってるとコードの根元の部分の皮膜が擦れてきて中身の線が剥き出しになりそうな感じだったんですよね。

以前であればビニールテープでグルグルしちゃうんですが、さっそく自己融着テープでグルグルしてみました。

それから3ヶ月ほど経過しましたが、まったくベタベタしないです!

ただ、引っ張って巻くという仕組み上、あまり短いと引っ張りにくいので長めに切ってそれから巻きました。なので、巻いた所が太くなってしまいますね。

ずらしながら巻けばもう少し見た目キレイにできたかなと思いますが。。。

次はこれ。

ヘッドホンの置き場所にいつも困ってたんですが、ふと思い立ってやってみました。

電気スタンドの柱にS字フックを自己融着テープで巻き付けてます。

強度的に心配だったので二箇所巻き付けてますが、今の所フックがずれたりということはないです。

ただやはり見た目が気になりますね。。。

私はめんどくさがりなのでとりあえずこれでOKということにしました。

まとめ

一度使ってみると、仕組みはわかってるのですがベタベタしないのにしっかりとテープ同士がくっついてるのが不思議というか面白いです。

しかしベタベタしないのはやはり快適です!

利用シーンが限られるのでそこは注意が必要ですが、とりあえず1個持っておけば何かと使えるのではないかと思います。

寺岡製作所 自己融着性絶縁 タイタックテープ No.420 厚さ0.5mmX幅20mmX長さ10m

価格:343円
(2019/7/17 08:58時点)
感想(0件)

生活用品

Posted by Posit