欲しい情報に最速でたどりつく!Google検索4つのテクニック

2019年1月14日

もうこれなしじゃ不便で生活できない!ほどの存在となっているGoogleの数々のサービスですが、一番よく利用するのはGoogle検索ではないでしょうか。

使ったことがない方はほとんどいないとは思いますが、意外にも使いこなせてない人が多い印象です。

そこで欲しい情報をGoogle検索を使って素早く見つけるための4つのテクニックをご紹介します!

キーワードを全部含めて検索

まずは欲しい情報のキーワードを思い浮かべます。

例えば、「京都にあるあの有名な神社、名前なんだったかなぁ」という場合。

まずは「京都」で検索すると

kensaku_and_1

き、きゅ、9億件!

ここから辿っていくには時間がもったいない!

なのでAND検索を駆使しましょう。

AND検索とは、AとBのキーワードがどちらも含まれるものを探して!という意味です。

すべてのキーワードを含むサイトを検索する方法

  • キーワードとキーワードを空白で区切ります。
  • 空白は全角でも半角でもOKです。

先ほどの例でいうと、京都の他に神社というキーワードがありましたね。

では実際に検索してみましょう。

kensaku_and_2

約9千万件まで絞れました。

でもまだまだですね。

もう思いつくこと全部入れましょう!

kensaku_and_3

きました!もうここまで絞れたら答えは出てますね。

答えは「伏見稲荷大社」です。

キーワードを1つ入れて検索、また入れて検索とやっていくと時間かかりますよね。

最初から思いつくキーワードを空白で区切って全部入れましょう!

キーワードを除外して検索

次は、このキーワードは含めないで!という場合です。

例えば、「鳥居がいっぱいある神社なんだっけ・・あそこ京都じゃないんだよな」という場合。

特定のキーワードを含まないサイトを検索する方法

  • 除外したいキーワードの先頭に「-(半角マイナス)」をつけます。

京都ではない という場合は「-京都」と入力します。

実際にやってみましょう。

kensaku_exist_1

すでに答えが出ました。

motonoinari

答えは山口県にある「元乃隅稲成神社」でした!

以前、訪れたことがあるのですが青い海をバックに朱色の鳥居が並ぶ風景はたしかに壮観でしたねー。

いやいや、山口県じゃないよという場合は、「-山口」と追加して検索しましょう。

kensaku_exist_2

青森県の「高山稲荷神社」が出ました。

写真見てみましたが、ここにも行ってみたいです!(神社とかお寺を巡るの大好きです)

キーワードを必須にして検索

除外とは逆に必ずこのキーワードは含めて!という場合。

先ほどの例で言うと青森にあるのは分かってるんだけど・・という場合ですかね。

特定のキーワードを必ず含むサイトを検索する方法

  • 必須にしたいキーワードの先頭に「+(半角プラス)」をつけます。

kensaku_exist_3

はい、一発で出ましたね。

キーワードを完全一致にして検索

複数の単語を含むキーワードを検索すると近いんだけど違うなぁという結果になることがあります。

例えば

kensaku_kotei_1

うーん、ちょっと違う。本物の男でも色気のある男でもない。かっこいい大人の男!

完全一致したキーワードを含むサイトを検索する方法

  • 「”(ダブルクォーテーション)」でキーワードを囲みます。

さっそくやってみましょう。

このようにずばりそのキーワードに一致した結果を出してくれます。

そして、さらに合わせ技としてダブルクォーテーションで囲みつつ必須にすることもできます。

kensaku_kotei_3

この場合は

「かっこいい大人の男になる」は完全一致かつ必須で。

そして、「色気」と「モテる」は除外して検索してください。

という意味になります。

このようにご紹介した4つのテクニックをそれぞれ組み合わせて検索することで、いち早く欲しい情報にたどり着くことができます!

まとめ

  • AND検索
    • キーワードとキーワードの間に空白を入れる。例:AAA BBB
  • 除外検索
    • キーワードの先頭に半角マイナスをつける。例:AAA -BBB
  • 必須検索
    • キーワードの先頭に半角プラスをつける。例:AAA +BBB
  • 完全一致検索
    • キーワードをダブルクォーテーションで囲む。例:”AAA” BBB

私が普段使う検索テクニックの上位4つがこれらになります。

とりあえずこれだけでも覚えておけば検索にかかる時間がグッと短くなりますよ!

・・・でも英語のページばかり出てくる。とか、なんか情報が古い。なんてことがありましたら、次の記事を参考にしてみてください!

Google

Posted by Posit