Google検索でリフレッシュ!作業の合間にできるオモシロ機能

2019年1月19日

みなさんは集中力ってどのぐらい続きますか?

仕事や勉強で集中力を必要とするシーンは多々ありますが、私の場合でいうと長くて1時間くらいでしょうか。

短い時は5分ももたない!

そんな集中力ですがこんなテクニックをご存知でしょうか?

ポモドーロ・テクニックとは

  1. 1つの作業を25分間続ける(1ポモドーロ)
  2. 25分が過ぎたら5分間休憩する
  3. 上記1、2を4回繰り返す(4ポモドーロ)
  4. 4ポモドーロ(2時間)繰り返したら30分休憩する
  5. 1に戻る

25分くらいならば集中できそう!と思えるならばこのテクニックを実行してみる価値はあると思います。

集中力を保ちながら作業を進めるには使えるテクニックです。

しかし私が気になったのは・・・

休憩時間をどう過ごすか

私はコーヒー好きなので合間にコーヒー入れに行くんですが、そこに向かうまで、もしくは自席に戻るまでに同僚から仕事の相談などで話しかけられるシーンがありまして気がついたら

まだやることいっぱいあるのに30分もしゃべってた!

なんてことがしばしばあります。

なので、なるべくデスクから離れずにリフレッシュできそうなもの。

何かないかなぁと思ってたいのですが、最近やってみてこれはいい!と思ったものがありました。

Google検索で「深呼吸」と入力

Google検索は調べ物以外にも使える機能がいろいろあるのですが、こんな機能までありました。

まずGoogle検索で深呼吸と入力してみましょう。

バーン!とでましたね。

さっそく真ん中のボタンを押すと・・・

エクササイズがスタートして

白い円が小さくなっていくのにそって息を吐き、

今度は円が大きくなるのに従って息を吸います。

およそ5秒間ずつ、息を吸って、息を吐くを1分間繰り返すと終了となります。

最近はGoogleやfacebookなど大手の企業でマインドフルネスを取り入れてるところが多いようですが、その一環としての機能なのでしょうか。

コツは呼吸の動作に意識を向けて無思考の状態、脳を休ませてあげるイメージで行うとリフレッシュできます。

私も1年近く寝る前にマインドフルネスを行っているのですが、目をつぶるといろんな思考が飛び交ってなかなか集中できないものです。

しかし、この機能の良い所は白い円が縮んで広がる動作にあわせて呼吸を行うので時計を気にする必要もなく、白い円に視覚が集中してるので気が散ることもなく呼吸に意識を向けることができます。

30分バージョンなんてものもあれば良いのになと思うのですが、1分間ということで仕事の合間にちょっと休憩という時に使えるし、何よりデスクを離れなくていいというのが利点ですね!

それと、周りの人たちに教えてあげたら誰もこの機能知りませんでした。

”長い”休憩時間の会話ネタとしても使ってみてください!

Google

Posted by Posit